アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

移転価格税制の調査動向①(水曜勉強会)

投稿日: 

今日の勉強会の講師は榊原さん。移転価格税制に関する税務調査の動向について解説してもらいました。今日もリモートでの勉強会です。

移転価格税制は、通常の税務調査とは異なり、特別の調査チームが調査を行うことが通例でしたが、最近の税務調査の現場では、通常の税務調査のなかで移転価格調査もあわせて行われることが増えてきました。

これからは、移転価格税制に関する事前の準備や十分な検討を行い、調査官の質問に対して移転価格文書を適切に提示していく体制を整えておく必要が生じます。

国税庁が直近で公表した資料によると、2018年7月1日から2019年6月30日までの1年間では、移転価格調査による更正件数が257件となっており、前年度の178件から50%も増えてます。ただ、日本国内には申告している法人は85万社あり、そのなかでも所得を計上している(=赤字ではない)法人は、28万社あります。資本金1億円超の会社は1万社あることを考えると、移転価格の指摘を受ける会社は、まだまだかなり少ないといえます。

一転留意点は、移転価格税制調査による指摘件数は増えた一方で、国税局の移転価格調査を担当する職員の人数が増加していないことを考えると、税務署による調査で、移転価格税制調査件数が増加したものと推測される点です。

 - ブログ

  関連記事

富山GRNサンダーバーズ 新監督に元巨人 二岡氏就任 →二岡さん頑張れ!

ジャイアンツの二岡打撃コーチですが、ジャイアンツを退団し、BCリーグの富山GRN …

海外から年金の受給を受けている場合の申告 申告不要か否か

日本に居住する方が海外から年金の受給を受けている場合には、確定申告義務が生ずる点 …

タックスヘイブン税制の改正に注意~2020年3月期決算~

新しいタックスヘイブン税制ですが、海外子会社の2018年4月開始事業年度以後から …

歓迎会

先日、女性の米国会計士の方が入社されました。幼稚園のお子様の子育て中とのこと、育 …

INAAミーティング(イタリア)

国際会計事務所グループ、INAA(http://www.inaa.org/)の国 …

空き家に係る譲渡所得の3000万円控除(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は私でした。空き家を譲渡した場合の3000万円控除を復習しまし …

居住形態等に関する確認書の提出義務

所得税の申告書に添付する居住形態等に関する確認書(DECLARATION CON …

税制適格ストックオプションとは

ストックオプションは、原則として、その権利を行使して株式の交付を受けた時点で、給 …

PAGE TOP