アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

10月開始のインボイス制度 音楽印税に波紋 JASRACの減額通知に翻弄される作曲家(ニュース記事を解説)

投稿日: 

2023.10.1 産経新聞

これまではJASRACから印税権者に音楽使用料を分配する際は消費税も含めた上で使用料を支払ってました。しかし2023年10月以降は、JASRACはインボイスが発行できない免税事業者に対しては、音楽使用料から消費税額相当分を差し引いて支払うとしました。

インボイス制度導入により、免税事業者に対して「一方的な取引価格の減額通告」につながる行為をおこなってはいけないことになっている。これを「優越的地位の乱用」と呼んでおり、JASRACの減額通知がこれに該当するかどうかが注目されてます。

現在のところ、一方的な取引価格の減額通告など優越的地位の乱用のつながる恐れのある行為が確認されたとして、日本たばこ産業(JT)など計18事業者(2023年7月末時点)を注意しているが、JASRACはこれに入っていないとのことです。

これは、音楽権利者とJASRACとの関係が、一般的な「買い手」と「仕入れ先」の関係とは異なり、「信託法上の『信託』に基づくためだそうです。信託法上の公平義務の観点からも、免税事業者には各自で消費税分を負担してもらう必要があると理解を求めているとのことです。

 - ブログ

  関連記事

税理士任せで申告漏れ。税理士の責任を問うことはできる?

以前、韓国の人気女優が、韓国で3年間で約25億5千万ウォン(約2億5千万円)の申 …

会社の設立を検討されている方
海外事業者からクラウドやインターネット広告サービスの提供を受ける場合は注意!

平成27年10月1日から消費税法の取り扱いがかわります。 国外の事業者から、サー …

小規模宅地の評価減 同居の定義?

昨日のブログでも触れた通り、小規模宅地の評価減の適用により、相続税の納税義務が大 …

シルバーウィーク

子供とアスレチックに行ったのですが、これが結構きつい。。 疲れました。

外国人の税務
スイカチャージ、パスモチャージの利用明細

5000円をスイカチャージして、全額交通費で経費計上。実際にその方は電車には乗ら …

不動産の譲渡 メモも証拠 取得費がわからなくてもあきらめるな

不動産を売却したときの譲渡所得の確定申告。その不動産を当初購入した時期が昔すぎて …

申告期限の個別延長が却下された!?

ある個人の税理士が、2019年分の確定申告書を最近提出しました。本来は2020年 …

贈与税を払ってでも生前贈与

相続税の節税対策で、必ず検討してもらいたいのが、”生前贈与”です。基本中の基本で …

PAGE TOP