アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

人材ドラフトの評判?

投稿日: 

会計事務所で人材の採用を担当されている方も興味あると思いますので、情報を共有します。

人材ドラフト(https://www.jinzai-draft.com/)に人材募集広告を掲載しました。募集広告を掲載するだけではなく、こちらからも積極的に同社に登録している求人希望人材にコンタクトをとることができるという、非常に便利なサイトです。

担当者のアドバイスに従い広告を作成し、その後1か月程広告を掲載してみました。140名程でしょうかね。。人材ドラフトに登録されている求人希望者に、面接をさせて頂きたい旨メールも送ってみましたが、10名程、お断りのメールがきたのみ。残りの130名からは全く返事はありませんでした。ただ、何とか1名からは、面接させてもらいたい旨の返事を頂きました。結局、その後面接もキャンセルされてしまいました。このサイトに登録している方々ですが、恐らく転職希望者はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

参考までに、当税理士法人は、今後人材ドラフトは絶対に利用しません。人材ドラフト社もかなり甘い営業トークをされてきますが、充分気を付けてください。

 - ブログ

  関連記事

高額特定資産の特例と非課税仕入れ(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は佐々木さんでした。1000万円以上の不動産を購入した場合の、 …

外形標準課税「資本金の額等」と「資本金等の額」の違い

外形標準課税の対象となるか否かの判定に使われる「資本金の額等」 外形標準課税の対 …

PE認定課税 代理人PEとみなされないためには?

外国法人が、日本に契約締結に関する代理人(=その企業の名前で契約を締結する権限を …

緊急事態宣言発令による税務調査への影響(水曜勉強会)

今日のリモートワーク勉強会の講師は丹治さん。確定申告の注意事項、民泊事業を行うも …

ICAPって知ってますか?

多国籍間の適正な税負担への対処、PE問題への対処を目的に8か国で検討している計画 …

よくある税務相談
”特典条項”とは

少し難しいですが。。 租税条約の適用を受けることにより、源泉徴収が免除されたり軽 …

配偶者控除見直し検討 自民税調会長が表明(新聞報道を解説)

配偶者控除の適用をうけることができなくなるから、年収103万円を超えての勤務はち …

租税条約の届出書のe-tax提出

例えば、租税条約に関する届出書ですが、E-taxソフトでカバーされていないため、 …

PAGE TOP