アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

メッシに懲役1年10月を求刑 (新聞報道を解説)

投稿日: 

結構大きな事件になってしまいましたね。

ポイントは、全世界的にその国に住んでいる人は、その国以外で発生した所得についても、全世界ベースで課税され、その国で納税しなければならないという点です。スペインに住んでいるメッシは、ベリーズやウルグアイで発生した所得についても、スペインで納税しなければならないのです。父親のホルヘさんは、リオネル・メッシのクリーンなイメージを悪くしてしまいました。。

会社設立後の経理・税務調査

以下サッカーキング10月9日(金)

スペイン税務局は8日、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、脱税の疑いで22カ月の禁錮刑を求刑したことが明らかになった。イギリスメディア『BBC』など各メディアが報じている。

2013年6月、メッシは父親のホルヘ・メッシ氏とともに、2007年から2009年までの3年間に渡って所得税を脱税したとして、スペイン税務局に告発された。報道によると、脱税額は3年間の合計で400万ユーロ(約5億2000万円)を超えるという。メッシは課税回避の目的で、肖像権収入をベリーズやウルグアイなど租税回避地(タックス・ヘイブン)の企業に譲渡したように見せかけ、不正な納税申告をしたと伝えられていた。なお、未払いだった税金は2013年8月に全額納税されている。

この一件で同選手は、経営管理をすべて父親のホルヘ氏に任せていると主張し、昨年6月には検察官が審理対象をホルヘ氏に絞ることを訴えていたが、裁判官によって棄却されている。

 - ブログ

  関連記事

CCCJ Canada/Japan tax and business start up seminar (supported by Altesta Corporation)

https://www.cccj.or.jp/events/cccj-canad …

PE認定課税 代理人PEとみなされないためには?

外国法人が、日本に契約締結に関する代理人(=その企業の名前で契約を締結する権限を …

今年の確定申告

案件が多すぎて、お客様にだいぶご迷惑をおかけしてます。。今後は、新規のご相談もお …

シャァザク

今日、マーキュリージェネラル弁護士法人の大阪本社を訪問しました。なんと、会議室に …

よくある税務相談
なぜ香港移住したのに日本の居住者と認定されてしまったのか?

東証1部に上場する自動車部品関連メーカーのA会長が、東京国税局の税務調査を受け、 …

PE認定 (新聞報道を解説)

昨日の勉強会で、PE認定に関する判決がトピックになりました。米国居住者が、米国で …

GACKTさんへの査察調査に対する誤解(新聞報道を解説)

2012年頃にGACKTさんに、東京国税局査察部 “通称 マルサ”に …

贈与税の時効とは?

税金の時効は原則5年で成立しますが(国税通則法70条)、贈与税の時効は6年または …

PAGE TOP