アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

メッシに懲役1年10月を求刑 (新聞報道を解説)

投稿日: 

結構大きな事件になってしまいましたね。

ポイントは、全世界的にその国に住んでいる人は、その国以外で発生した所得についても、全世界ベースで課税され、その国で納税しなければならないという点です。スペインに住んでいるメッシは、ベリーズやウルグアイで発生した所得についても、スペインで納税しなければならないのです。父親のホルヘさんは、リオネル・メッシのクリーンなイメージを悪くしてしまいました。。

会社設立後の経理・税務調査

以下サッカーキング10月9日(金)

スペイン税務局は8日、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、脱税の疑いで22カ月の禁錮刑を求刑したことが明らかになった。イギリスメディア『BBC』など各メディアが報じている。

2013年6月、メッシは父親のホルヘ・メッシ氏とともに、2007年から2009年までの3年間に渡って所得税を脱税したとして、スペイン税務局に告発された。報道によると、脱税額は3年間の合計で400万ユーロ(約5億2000万円)を超えるという。メッシは課税回避の目的で、肖像権収入をベリーズやウルグアイなど租税回避地(タックス・ヘイブン)の企業に譲渡したように見せかけ、不正な納税申告をしたと伝えられていた。なお、未払いだった税金は2013年8月に全額納税されている。

この一件で同選手は、経営管理をすべて父親のホルヘ氏に任せていると主張し、昨年6月には検察官が審理対象をホルヘ氏に絞ることを訴えていたが、裁判官によって棄却されている。

 - ブログ

  関連記事

使途秘匿金か役員賞与認定か (水曜勉強会)

今日の講師は佐々木さん。受取配当金の税制改正、経営承継円滑化法の改正等がトピック …

よくある税務相談
取締役の任期 補欠や増員した場合の取り扱いは?

取締役の任期は、最短1年から最長10年とすることができるようになりましたが、取締 …

ハワイ不動産 共有名義(ジョイントテナンシー)の注意点

夫婦でハワイの不動産を共有名義(ジョイントテナンシー)で保有している状況で、例え …

税制適格ストックオプション(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は山本さんでした。今回は税制適格ストックオプションの要件につい …

Matsuhisa

経営者として、職人として、私の尊敬するオーナーシェフ 松久信幸氏がビバリーヒルズ …

低解約返戻金タイプの保険(水曜勉強会)

今日の勉強会では、低確約返戻金タイプの保険がトピックでした。 低解約返戻金タイプ …

no image
A new system for reporting overseas assets

A new system for reporting overseas asse …

兄弟姉妹の再代襲(水曜勉強会)

今日の講師は、山沢です。相続税で兄弟姉妹が相続人となった場合の代襲相続について説 …

PAGE TOP