アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

倒産件数は減少も、小規模事業者の数も減少

投稿日: 

中小企業庁は4月22日,2016年版の中小企業白書、小規模白書を公表しました。小規模白書が対象とする小規模企業とは,おおむね常時使用する従業員の数が20人以下(商業又はサービス業は5人以下)の事業者をさしており、全国約381万者の中小企業のうち約85%を占める割合となってます。

●倒産件数が引き続き減少

企業の経常利益は2013年から増加に転じ,リーマン・ショック前を上回る過去最高水準となった。また,倒産件数も8,812件(前年9,731件)と2年連続で1万件を下回った。これはバブル景気の1989-90年以来,25年ぶりの低水準だった。一方,投資設備の伸び悩みや設備の老朽化,人手不足が深刻化している。

●小規模事業者は2年間で約9.2万者減少

小規模事業者数(法人と個人事業者数の合計)は1986年の約477万者をピークに減少している。ただし,2009年から2012年の3年間で約33万者,平均で年間約11万者減少していたものの,直近の2012年から2014年の2年間では約9.2万者,年間約4.6万者の減少となり,減少のペースが比較的緩やかなものとなっている。この主な要因は個人事業者の減少とのことだ。

ちなみに,事業者数が減少している中,売上高は2年間で約0.2兆円(対2012年比0.1%増)と微増している。

 - ブログ

  関連記事

未成年者の申告書への署名押印
移転価格税制 同時文書化と免除要件
no image
道路との高低差がある土地の相続税評価額の減額等々
no image
(新聞報道を解説) 架空外注はなぜ見つかってしまうのか?
no image
(新聞報道を解説)  「機長派遣の海外企業、消費税申告漏れ」
帳簿書類の電子帳簿は本当に有利なのか?(水曜勉強会)
二世帯住宅 小規模宅地の評価減の特例で新たな見解
歓迎会
PAGE TOP