アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

5400万円脱税容疑、柏のキャバクラ経営者ら逮捕 千葉

投稿日: 

キャバクラを経営する法人経営者が逮捕されました。売上代金を3人の個人に取得させ、その個人が申告をせずに逃げ回る手口ですね。逃げ回る方を見つけるのは実際に非常に難しく、税務署も手を焼いているはずです。今回は特別刑事部が動くという珍しいケースでの脱税容疑立件ですが、現実的には同様のケースで所得申告を免れている方も多いのでしょう。。。

以下産経新聞 11月13日(金)7時55分配信

約5400万円を脱税したとして、千葉地検特別刑事部は12日、所得税法違反の疑いで、柏市のキャバクラ「BECAUSE」経営、W氏(43)と、共犯の同店の関係者の男3人を逮捕した。地検は4人の認否を明らかにしていない。W氏の逮捕容疑は、共犯の3人の男名義の銀行口座にクレジットカード払いによる同店の売上代金を振り込ませるなどして平成24~26年分の所得計約1億5700万円を隠し、所得税計約5400万円を脱税したとしている。

 - ブログ ,

  関連記事

実効税率 平成29年3月決算期用

平成29年3月期の決算で税効果会計を適用する場合の実効税率は下記となります。

アルテスタが選ばれる理由
少数株主の排除に関する法律改正→事業承継対策への活用

平成27年5月1日から法律が変わり、少数株主の排除に関する新しい法律が施行されて …

従業員の転勤による引越費用を会社が負担した場合

会社の転勤命令により、従業員が引越しする必要が生じる場合がありますが、この引越し …

フィレンツェ

明日からのINAAのInterim Meetingの前に、フィレンツェに立ち寄り …

居住形態等に関する確認書の提出義務

所得税の申告書に添付する居住形態等に関する確認書(DECLARATION CON …

相続財産に米国の財産があった場合?

米国では各州で法律が異なっているため、相続法については各州別に調べる必要がありま …

税務署へのタレコミ

 あまり気分の良い話しではないですが、 国税庁では、課税漏れに関する“タレコミ情 …

“取締役の利益相反取引” 取締役会の承認が必要となるケースとは?

利益相反取引を行う場合は、取締役会の承認が必要となります。逆に、取締役会の承認が …

PAGE TOP