アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

海外中古木造不動産への税務調査

投稿日: 

海外の木造中古不動産を購入し、4年間等の耐用年数を利用し、多額の減価償却費を早期に計上して節税対策を行うケースが見受けられます。法律的には問題ありませんが、このようなケースに対して、どのような税務調査が行われるのでしょうか?私どもの経験している限りですと下記が調査されております。

1 実在性 … 不動産を本当に購入しているのか否かを確認するため、物件購入時の契約書を確認します。

2 賃貸に出しているか否か… 賃貸契約書を確認します。

3 木造物件であるか否か、中古であるか否か… LexisNexis という会社に委託すると、その物件が木造であるか否かわかることがあり、税務当局も実際に利用してました。ただし、柱が木造か否かまでは、詳しく表示されていないこともありますので、実際の物件の写真の確認を優先するように思います。

 - ブログ

  関連記事

よくある税務相談
所得税 外国税額控除 
業務案内(バンコク事務所)
税務相談センター
二次相続対策とは。遺産分割の基本戦略。
組合事業から生じた損益の取込時期
ストレスチェック
no image
クレジットカード会社に支払う支払手数料は非課税
大型の税務調査が行われやすい時期
アジア各国 過去の日本でいうと。。
PAGE TOP