アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

小規模宅地の評価減 同居の定義?

投稿日: 

昨日のブログでも触れた通り、小規模宅地の評価減の適用により、相続税の納税義務が大幅に下がります。

ただし、適用条件の一つである「同居」の定義には気をつけた方が良いです。例えば、娘が親の自宅に住み込んで親が亡くなるまで介護をしても、夫や子どもが暮らす家が別にあれば原則として親との同居とはみなされません。このほか、亡くなったときは同居していても、相続税の申告期限までに引っ越してしまうと、転勤などやむを得ない事情であっても特例が使えなくなることがあります。

 - ブログ

  関連記事

no image
ランチ忘年会
バンコクでゴルフ
消費税の課税事業者を選択する際の注意(水曜勉強会)
賃上げ・設備投資税制(水曜勉強会)
事務所移転
税制改正大綱発表されました
外国法人の日本進出
社会保険労務士 開業
租税滞納状況 税金の滞納そんなに多いの?(水曜勉強会)
PAGE TOP