アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

従業員の給与の一部親会社負担 その⑥

投稿日: 

海外法人への出向者の給与格差補填金を日本の親会社の損金に算入する場合には、その根拠について、税務調査で問われることが多いです。較差補填金等について損金算入が認められるためには、特に以下の資料を要求されるため、参考にして下さい。

1 三者間の契約 (Assignment Letter)

日本の親会社が給与格差補填金を負担するには、その契約が転籍ではなく出向であることを証明しなければなりません。

 

2 給与較差の算定に関する資料

給与の較差を補填する場合には、現地における給与水準との較差の金額は算定しておく必要がありますね。

 

3 留守宅手当等に係る規程の整備

留守宅手当等については、これらの手当について、会社としてはどのような手当をどのような基準でどの程度支払うかなど規程の整備が必要です。これらについては、暗黙の了解で事後的に取り決められることもありますが、税務上は、事前にルール化しておく必要があります。

 - ブログ

  関連記事

法人が購入した資産を、親族のみが使用した場合(水曜勉強会)
no image
年収800万円超の会社員は増税に 財務省提案 (新聞報道を解説)
名義株認定 税務署の判断を国税不服審判所が却下!(水曜勉強会)
採用案内
月に2回給与を支給する場合の源泉所得税の計算
no image
税務上の「中小法人等」と「中小企業者等」の違い
お亡くなりになった方が居住していた土地の相続 (小規模宅地の評価減 居住用宅地)
マンチズバーガーシャック 旨い!
投資ファンド向けサービス
老人ホーム入居時の相続税、所得税法上の注意点(水曜勉強会)
PAGE TOP