アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

相続財産に米国の財産があった場合?

投稿日: 

米国では各州で法律が異なっているため、相続法については各州別に調べる必要がありますが、多くは、日本人が死亡した場合であっても、その方が保有していた米国内の財産は、米国の法律に従い処分されます。

相続税については、日本程、”広く浅く”課税される仕組みにはなっておりません。日本では相続人が相続税の納税義務を負うのに対して、米国では相続財産の中から相続税が支払われる点が大きく異なります。(結果的には同じことですが。。)

米国で有効な「遺言書=Will」が残っていればまだマシなのですが、残っていない場合には、財産の処分はかなり大変です。日本のように、遺産分割協議書を作成して、相続人の印鑑証明書を添付すれば分割可能、、という訳にはいきませんので、相続対策には充分な注意が必要です。

 - ブログ ,

  関連記事

国外に住む親族を扶養している場合の扶養控除(水曜勉強会)
会社設立後の経理・税務調査
メッシに懲役1年10月を求刑 (新聞報道を解説)
人材ドラフトの評判?
米国パートナーシップ最高裁判決(水曜勉強会)
ここのビール うまい!
持ち株比率と株主の権利
国外旅行業者から収受する国内ホテル手配手数料は輸出免税か? (水曜勉強会)
海外に出向している従業員の給与の一部親会社負担 その②
PAGE TOP