アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

武田薬品工業 5年間で71億円の申告漏れ

投稿日: 

製薬大手の武田薬品工業が、移転価格税制の適用を受け、5年間で約71億円の申告漏れを指摘されたそうです。所得を不当に海外に移転させたとされた場合に適用されるこの移転価格税制。指摘の多くは、ロイヤリティーの設定料率だそうです。

特に製薬会社は、日本で多額のコストをかけて新薬の開発を行い、それを海外子会社を通じて、海外で販売します。海外の子会社は、その販売高に対して一定の両立で、日本の親会社にロイヤリティーを払いますが、日本の法人税率が高いため、そのロイヤリティー率を低く落とし、税率の低い海外に利益を留保しようとします。国税局は、同業他社と比較して、そのロイヤリティー率が低い場合には、適正率で計算するように是正します。通常、海外子会社からのロイヤリティーは数十億円~数百億円になりますので、料率を1%増額したたけで、数十億円の申告漏れが生じます。

移転価格の調査は要注意ですね。

(以下ニュース本文)

製薬大手の武田薬品工業が、大阪国税局の税務調査を受け、2015年3月期までの5年間で約71億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。 ドイツの子会社との取引を巡り、法人所得の海外流出を防ぐ移転価格税制を適用された。過少申告加算税や地方税を含む約28億円を追徴課税(更正処分)された。同社は、処分を不服として、近く同国税局に再調査請求する方針。

移転価格税制は、国内企業が、法人税率が低い海外の関連会社に製品などを販売する際、不当に金額を安くしたと国税当局が判断した場合に適用される。
同社によると、ドイツの子会社に対する降圧剤の販売価格について、同国税局から「同業他社などと比較して安く、国内で申告すべき所得をドイツに移した」と指摘されたという。

 - ブログ

  関連記事

不動産の譲渡 メモも証拠 取得費がわからなくてもあきらめるな

不動産を売却したときの譲渡所得の確定申告。その不動産を当初購入した時期が昔すぎて …

平成30年度税制改正(速報)

平成29年12月14日に、平成30年度与党税制改正大綱が公表されました。 &lt …

デューディリ費用は株式の取得価額か一時の損金か?(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は榊原さん。色々なトピックについて解説してもらったのですが、今 …

バンコクでゴルフ

かなりご機嫌のゴルフでした。

外国法人の日本支店、支店の決算書を修正できるか?

外国法人の日本支店ですが、日本で申告をする際には、支店の決算書に基づき税務申告額 …

(速報)請求書領収書の電子保存義務、2年猶予!

2022年1月に施行される電子帳簿保存法に2年の猶予期間が設けられることになりま …

香港出張

香港出張。香港に進出する日本企業をサポートしてます。 他の東南アジア諸国と比較す …

初心

昨夜、15年前にニューヨークでお世話になった方と食事しました。 筆者個人的な話し …

PAGE TOP