アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

IBM事件(水曜勉強会)

投稿日: 

今日の講師は中野さん。IBM事件について解説してもらいました。

2015-09-09その取引が経済合理性を欠く行為の場合には、”同族会社の行為又は計算の否認”という規定により、その行為事態が否認されるのですが、何をもって経済合理性を欠くのか、、というのは条文には書かれてません。なので、裁判所の解釈が非常に重要になります。判例を読むと、判断基準は以下の2点に集約されると、、社内では結論をだしました。

*その取引は自社の利益になっているのか?(=純経済人の行為として不合理な行為ではないか)

*その取引は、取引の相手先の利益になっているのか? (=独立当事者間の通常の行為なのか)

 

 - ブログ ,

  関連記事

非居住者となった後のRSU(水曜勉強会)

RSUとは『Restricted Stock Unit』の略で、譲渡制限付株式の …

no image
(新聞報道を解説) 国税OB脱税指南 在宅起訴へ

少し古い報道ですが、国税局OBが、脱税アドバイスを行ったとして在宅起訴されました …

帳簿書類の電子帳簿は本当に有利なのか?(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は山本さんです。平成29年3月期決算の際の留意点、実効税率の確 …

no image
税金の納付が期限内に間に合わなかった場合の延滞税の率は?

税金の支払いが遅れた場合には延滞税がかかりますが、その率は以下のようになってます …

海外法人に購入した機械に関する技術費用を支払った場合(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は佐々木さん。日本法人が、海外法人に技術者費用を支払った場合の …

外国法人の日本子会社 消費税の課税事業者選択の注意点

外国法人が日本にサービス会社を設立する場合、良く”課税事業者の選択届”を設立初年 …

持株会社を利用した相続対策

持株会社を設立すると相続税が下がることがあることをご存じですか? 自分が持ってい …

本日!

無事42回目の誕生日を迎えることができました。これからも税理士としての自覚を持ち …

PAGE TOP