アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

役員報酬。経済的利益の額も株主総会での決議が必要なのか? (水曜勉強会)

投稿日: 

今年最後の勉強会の講師は中野さん。役員に対する定期同額給与と、経済的利益の関係について解説。

image

役員報酬は、定時総会で定められた金額に従い、毎月同額(定期同額)で支給しなければならないことはご存知の通りですが。。 では定時定められた役員報酬額の他に、会社が社宅を貸与していたり、経済的な利益を供与していた場合には、定時総会で定めらえた金額を超えているものとして、否認されてしまうのでしょうか?  ここは、その役員に対する経済的利益が、毎月定額で支給されている場合には、損金性を否認されることはありません。定時総会では、金銭で支給する役員報酬の金額を定めることとされており、経済的利益の支給額に関しては、定時総会で決議されていなくても、毎月同額であれば、損金に算入されることになります。

ただし実務的には。。役員の親族に家賃を支給したり、本人以外の方への経済的利益の支給に関しては、この限りではなさそうですので、注意が必要です。

 - ブログ

  関連記事

海外ネットワーク
煩雑手続き、外資進出阻む ジェトロ調査 (新聞報道を解説)
李知姫選手3億円申告漏れ指摘(新聞報道を開設)
国外転出時課税 海外に転出してしまった方にどうやって課税を指摘するのか (水曜勉強会)
二次相続対策とは。遺産分割の基本戦略。
インドとナイジェリアの会計士1
インド/アフリカ
企業の納税 全てネットで 地方税、19年度にも対応 共用システム構築(新聞報道を解説)
千葉銀行 香港支店
バンコク事務所
PAGE TOP