アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

タワーマンション節税の見直し(水曜勉強会)

投稿日: 

今日の勉強会の講師は山本さんです。タワーマンション節税に対する見直しについて説明してもらいました。

2016-08-17

タワーマンションの各部屋の税務上の評価ですが、”眺望”による価値が考慮されていないため、低層階でも高層階でも全く同じ評価額となります。時価とのかい離が生まれるため、高層階を購入した場合に、購入価額(=時価)と比較して、税務上の評価額が非常に低く算定される結果となります。

首都圏マンションの20%がタワーマンション物件であると考えられており、租税負担の公平が損なわれている状況となっているようです。このような現状に対して、東京都は、取得価額(=購入価額)を基準に税務上の評価額を算定する方式の導入を検討しているとのことです。

導入された場合には、導入された年以後に新たに建築されたものが対象になると想定されているそうです。既存の物件については、現状影響はなさそうです。

 

 - ブログ , ,

  関連記事

外国上場株式の譲渡損失 日本国内上場株式の譲渡益と相殺できるか?
カツオの塩タタキ。
コミッショネア契約等の代理人PE認定リスク(水曜勉強会)
帰属主義 ~外国法人日本支店への課税に影響有り~ (水曜勉強会)
業務案内(シンガポール事務所)
「空き家に係る3000万円控除の特例」と「小規模宅地特例」との併用
130万円の壁
中小企業に適用される優遇規定での注意
no image
領収書の印紙(税理士法人vs個人税理士)
PAGE TOP