アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

コンテナ節税スキームに税務当局が指摘(水曜勉強会)

投稿日: 

今日の勉強会の講師は中川さん。コンテナ型トランクルームの節税投資に関する更正処分について解説してもらいました。

土地活用の一環で、コンテナ型のトランクルーム事業がありますが、コンテナを「器具備品」として減価償却の計算を行うと、中古耐用年数を用いて、短期に多額の減価償却費を計上する節税効果を狙うことができます。

今回ニュースで公表されたのが、顧客にコンテナを販売し、それを借り上げる形で、トランクルーム節税スキームを販売するエリアリンク㈱。当社にも良く営業に来てます。

同社が、2月13日付で発表した「特別損失の計上による業績予想の修正」によると、顧客に販売したコンテナは、税務上「器具備品」のうちの「コンテナー」の耐用年数で減価償却することを一般的としてきました。しかし、2019年度に、税務当局により、コンテナを購入した顧客に対して、建築基準法に基づく建築確認の申請をしているコンテナは「建物」としての耐用年数を適用すべき旨の更正処分を受ける事態が発生し、その後も同様の指摘を受けて修正申告を行う事例が数件発生したそうです。

「器具備品」として償却できることを前提に購入している顧客としては、商品の大きな特徴の一つが失われるため、コンテナの買取りを希望するケースを見込み約50億円もの「買戻損失引当金繰入額」を計上したそうです。

さらにエリアリンク(株)では、このような税務当局の指摘は限定的かつ個別的な一過性の事象と捉えてきたようだが、建築確認の申請をしているコンテナの販売状況等の任意の顧客情報の提供の要請を税務当局から受け、これに応じたとしているようです。

種類 建物

器具・備品(ドラムかん,コンテナーその他の容器)

耐用年数 構造又は用途により
19,20,21年等
“大型コンテナー”は7年,“金属製のもの”は3年,“その他のもの”は2年

建築確認申請の有無だけで耐用年数が決まるわけではないですが、耐用年数を判断する上でも、こうした土地への定着性等が認められ、建築確認申請を要するようなものは、コンテナでも「器具備品」ではなく「建物」として償却するケースが考えられるため、注意が必要です。

 - ブログ

  関連記事

シャチハタ印は何故NG?

個人の申告書類への押印は、”シャチハタ印”はおすすめしてません。契約書への押印に …

パナマ文書で判明、31億円申告漏れ 国税当局が調査

国税当局が、パナマ文書を参考に税務調査を進めていると噂をききましたが、この1年間 …

no image
A new system for reporting overseas assets

A new system for reporting overseas asse …

no image
社内勉強会「富裕層の相続生前対策コンサル手法」 

「富裕層の相続「生前対策」コンサル手法」の社内勉強会を開催。1時間半の予定が、3 …

海外に出向している従業員の給与の一部親会社負担 その⑤

税務通信(3530号/ 2018年11月0日)で紹介された事例です。”格差補填金 …

米国LPSの法人認定について(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は山本会計士。米国のリミテッドパートナーシップが、日本で法人認 …

タイ進出企業に打撃 50社以上追加で納税へ(新聞報道を解説)

タイでは、自国の産業を守るため、比較的厳しく外国資本の参入を規制してますが、自国 …

中小法人に適用される優遇税制 (水曜勉強会)

今日の勉強会から、新たに苗代さんが講師に加わりました。社内で最も英語力が高く外資 …

PAGE TOP