アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

Representative Office (type of business entity)

投稿日: 

Foreign companies looking to expand into Japan may initially conduct market research and other “non-commercial transactions” through Representative Office.

Representative Office can not be registered in Japan. So it is considered, for tax purpose, as the employee of the Representative Office is operatating office by themselves (like freelance). 

Representative Office is not carrying on sale-type activities in Japan, and therefore not generating any income through its activities. However, the employees of the Representative Office will be liable for Japanese income taxation if the representative office receive income in Japan.

Representative Office can not open bank account in Japan. So the employee of the office must open personal bank account for the Represetantive Office. If the Representative Office hire employee, the employee is hired by the employee for legal aspect. 

 

 - ブログ

  関連記事

中小企業者と中小法人等 中小企業者の定義改正①(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は岩里さん、30万円未満の固定資産の一括償却や、所得拡大促進税 …

贈与税を払ってでも生前贈与

相続税の節税対策で、必ず検討してもらいたいのが、”生前贈与”です。基本中の基本で …

採用案内
個人所得税申告 財産及び債務の明細書の提出対象者が絞られます。

これまでは、所得2000万円以上の個人は、全員 財産及び債務の明細書を提出するよ …

外国人の税務
Dependent deduction for dependent living outside Japan (attachment)

  Following documents must be attac …

平成30年度税制改正(速報)

平成29年12月14日に、平成30年度与党税制改正大綱が公表されました。 &lt …

タージマハール

先日、ニューデリーでの会議を終え、片道4時間かけてタージマハールに行ってきました …

Kabusshiki Kaisha = KK (type of business entity) 

■Outline and establishment Kabushiki Kai …

シンガポール法人の法定監査要件の緩和

シンガポールは、居住者取締役を1名用意するだけで法人を設立することができるため、 …

PAGE TOP