アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

セルフメディケーション税制

投稿日: 

2017年1月1日からスタートした医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」。セルフメディケーション税制と医療費控除は併用ができないため、どちらがお得なのか、検討が必要です。

結局どっちがお得なんでしょうか?そこで今回は、“セルフメディケーション税制”と“医療費控除”どっちがお得!?というところに着目して比較していきたいと思います。

①どんな制度?

■医療費控除:

1年間の医療費のうち、10万円をこえる部分を所得から控除する制度です。

■セルフメディケーション税制

健康維持、疾病予防のための一定の取り組み(※)を行うためのスイッチOTC医薬品購入費用のうち、年額12,000円を超える部分を、所得から控除する制度です。

(※)上記「一定の取組み」とは、法律や法令で定め行われている特定健康診査・予防接種・定期健康診査・健康診査・がん検診のことで、これらのうちいずれかを受けていれば対象となります。会社で受けられる健康診断や、主婦などが受診できる自治体の健康診査、がん検診等も該当します。

 

②比較のポイント

セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であるため、セルフメディケーション税制の対象となるスイッチOTC医薬品の購入金額は医療費控除の対象にもなります。そのため、医療費控除を選択した方がお得か、それともセルフメディケーション税制を選択した方がお得なのか、比較が必要となります

 

③控除額からの選択

医療費の控除額は最大200万円、セルフメディケーション税制は最大88000円。最大控除額は従来の医療費控除の方が大きいですが、年間の医療費が10万円未満で医薬品の購入が多い場合にはセルフメディケーション税制がお得になりますね。

④パターン別の比較 

例1:年間医療費が150,000円+うちセルフメディケーションの対象となる医薬品を150,000円の場合 ⇒セルフメディケーション税制がお得

例2:年間医療費が140,000円+セルフメディケーション税制の対象となる医薬品を70,000円の場合 ⇒セルフメディケーション税制がお得

例3:年間医療費が170,000円+うちセルフメディケーション税制の対象となる医薬品を50,000円の場合 ⇒医療費控除がお得

試算してお得な方を選びましょう。あらためて、セルフメディケーション税制の対象となるものは対象のスイッチOTC医薬品に限定されます。対象範囲が狭いのには注意が必要です。

業務案内(シンガポール事務所)

 - ブログ

  関連記事

外国人の税務
日本の法人の数は?

国税庁は平成28年3月25日,平成26年度分の法人企業の実態を公表しました。 平 …

組織再編成の行為計算否認(包括的租税回避防止規定)を巡る事件で国勝訴(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は中川さん。2019年6月27日に東京地裁で行われた、組織再編 …

二次相続対策とは。遺産分割の基本戦略。

お父様がお亡くなりになり、相続人が、その配偶者と子供だけとなる場合があります。遺 …

183日ルール どこまで滞在日数に含まれる?

アメリカ法人に勤務し、給与もアメリカ法人から支給されているマイケルさん。日本に短 …

バンコク事務所
バンコク事務所のサイトをリニューアルしました。

http://www.almetasia.com/

フィレンツェ

明日からのINAAのInterim Meetingの前に、フィレンツェに立ち寄り …

相続対策
IT関連業務の契約書の印紙税 

契約書に印紙を貼付しなければならないケースは多いですが、IT企業が取り交わす契約 …

非公式ジャイアンツニュース 高橋監督辞任に想う

仕事とは全く関係ないですが。。 祝原監督就任となりましたが、高橋監督が退任したこ …

PAGE TOP