アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

セルフメディケーション税制

投稿日: 

2017年1月1日からスタートした医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」。セルフメディケーション税制と医療費控除は併用ができないため、どちらがお得なのか、検討が必要です。

結局どっちがお得なんでしょうか?そこで今回は、“セルフメディケーション税制”と“医療費控除”どっちがお得!?というところに着目して比較していきたいと思います。

①どんな制度?

■医療費控除:

1年間の医療費のうち、10万円をこえる部分を所得から控除する制度です。

■セルフメディケーション税制

健康維持、疾病予防のための一定の取り組み(※)を行うためのスイッチOTC医薬品購入費用のうち、年額12,000円を超える部分を、所得から控除する制度です。

(※)上記「一定の取組み」とは、法律や法令で定め行われている特定健康診査・予防接種・定期健康診査・健康診査・がん検診のことで、これらのうちいずれかを受けていれば対象となります。会社で受けられる健康診断や、主婦などが受診できる自治体の健康診査、がん検診等も該当します。

 

②比較のポイント

セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であるため、セルフメディケーション税制の対象となるスイッチOTC医薬品の購入金額は医療費控除の対象にもなります。そのため、医療費控除を選択した方がお得か、それともセルフメディケーション税制を選択した方がお得なのか、比較が必要となります

 

③控除額からの選択

医療費の控除額は最大200万円、セルフメディケーション税制は最大88000円。最大控除額は従来の医療費控除の方が大きいですが、年間の医療費が10万円未満で医薬品の購入が多い場合にはセルフメディケーション税制がお得になりますね。

④パターン別の比較 

例1:年間医療費が150,000円+うちセルフメディケーションの対象となる医薬品を150,000円の場合 ⇒セルフメディケーション税制がお得

例2:年間医療費が140,000円+セルフメディケーション税制の対象となる医薬品を70,000円の場合 ⇒セルフメディケーション税制がお得

例3:年間医療費が170,000円+うちセルフメディケーション税制の対象となる医薬品を50,000円の場合 ⇒医療費控除がお得

試算してお得な方を選びましょう。あらためて、セルフメディケーション税制の対象となるものは対象のスイッチOTC医薬品に限定されます。対象範囲が狭いのには注意が必要です。

業務案内(シンガポール事務所)

 - ブログ

  関連記事

GlobalTaxNetwork社に訪問してきました
賃上げ・設備投資税制(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は中野さんです。平成30年度税制改正で、現行の所得拡大促進税制 …

no image
ここ数年でのサラリーマンへの増税

サラリーマンの可処分所得(税引後の手取)は、この5年間で約5%、これから2018 …

アジア各国 過去の日本でいうと。。

少し古いデータですが、アジア各国の1人あたりGDP比較。これからの各国の著しい経 …

土地の測量費用

土地の面積を確定させる場合の測量や境界線確定の費用は数百万になる場合が多いです。 …

某バンコクのゴルフ場にて
no image
PE認定課税 代理人PEとみなされないためには?

外国法人が、日本に契約締結に関する代理人(=その企業の名前で契約を締結する権限を …

期限切れ欠損金 法人税法と基本通達、正しいのはどっち?

会社を清算する際、超過債務につき債務免除益を計上することがあり、その時点で青色欠 …

PAGE TOP