アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

孫正義氏の130億円の節税(相続対策)

投稿日: 

孫正義氏は、銀座ティファニービルを320億円で購入。期待利回りは2.6%と低いため割高投資と言われました。しかし、その真意は、相続対策にあります。ティファニービルの相続税評価額は、推定で83億円で、なんと、時価との差額が240億円もあります。キャッシュ320億円よりも、時価320億円のティファニービルを持つ方が、130億円(240億円 x 55%)も相続税が下がるんです。

天文学的な数字から一転、一般社会に目を向けますが、同じ予算で比べると、一軒家よりもマンション、マンションでも低層階より、高層階の方が、相続税評価額が下がります(=相続税負担が軽くなります)。タワーマンション高層階の眺望や、高層階、、という目に見えないプレミアムは、相続税評価額には反映されないのが大きな理由です。

タワーマンションは評価が低め

 - ブログ ,

  関連記事

海外に出向している従業員の給与の一部親会社負担 その②

出向元法人において損金の額に算入することができる留守宅手当ですが、下記のようなも …

低解約返戻金タイプの保険(水曜勉強会)

今日の勉強会では、低確約返戻金タイプの保険がトピックでした。 低解約返戻金タイプ …

Group Term Lifeについて

米国から給与の支給を受けている方の米国の源泉徴収票(USW2)をみると、Grou …

アディーレ法律事務所、業務停止2カ月 虚偽宣伝で (新聞報道を解説)

アディ―レ法律事務所が2ヵ月間の業務停止となりました。期間限定の割引をするテレビ …

4億円的中「馬券」脱税の公務員 税務署はどうしてわかった?(新聞報道を解説)

2012年と14年の2回、JRAの5レースすべての1着馬を当てる馬券を的中し、4 …

帳簿書類の電子帳簿は本当に有利なのか?(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は山本さんです。平成29年3月期決算の際の留意点、実効税率の確 …

海外研修 番外編1
海外研修 番外編
“取締役の利益相反取引” 取締役会の承認が必要となるケースとは?

利益相反取引を行う場合は、取締役会の承認が必要となります。逆に、取締役会の承認が …

PAGE TOP