アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

IBM事件でIBM側勝訴 どこまでがセーフ? ”不当”の意味を考える(勉強会)

投稿日: 

今日は、会計士の山本さんがIBM事件について解説しました。IBMが素晴らしいスキームで節税したと思いきや、国税局が、「それは税額を不当に減少させる行為ですね」と、その節税策にNGをだしました。

確かに、税法上、”不当”な行為により税負担を減らしたら否認されると書いてあるのですが、でも何をもって”不当”と決めるのかは、なかなか難しい。裁判所も大変です。。今回、東京高裁は納税者のIBMに軍配をあげたのですが、その結果以上に注目したのが、裁判所が下記のいうに税法の条文を解釈してくれたことです。

「租税回避を目的とすることは悪い(不当な)行為ではないです。その取引が経済的に合理的かどうかで、その取引が不当かどうかを判断すべきなんです。」

実は結構大きなことなんです。

何かの行為を行うときは、租税負担を減少させることを目的とする場合もありますよね。日本国民としては、何となくうしろめたい気分になるので、それは不当な行為なのかと思わず考えてしまいがちですが、それが経済合理性があれば、税法上も正当な行為とされるんですよ。やっぱり。。。結構デリケートな事例でした。今回講師となってしまった山本さん、昨夜夜遅くまで事務所の机の前でブツブツ言ってましたが、ここら辺を調べてたんですね、お疲れ様でした。
2015-04-21B

少数の株主から支配されている会社(同族会社)については、お手盛りで色々な取引ができるので、法人税法第132条では、同族会社については、法人税の負担を不当に減少させるような取引があった場合は、その取引自体を否認すると規定されてます。同族会社の行為計算否認規定、又は別名、税務当局の伝家の宝刀と呼ばれてます。何にでもオールマイティーに適用されてしまう点や、何をもって不当だと認定されるのかが良く分からないため、税理士泣かせの厄介な規定です。

少し複雑ですが、今回IBMグループは、日本に別会社設立→別会社による日本IBM株式の取得→日本IBMにその株式を売却することにより生じるるみなし配当の益金不算入+株式譲渡損→連結納税化 を上手く組み合わせ、殆どキャッシュアウトも無く、約4000億円を税務計算上費用に算入しました。今回のスキーム実行にあたり、米国IBMグループは、わざわざ日本に別会社Xを設立し、その別会社Xに資金を出資/増資し、わざわざ米国IBMグループが保有していた日本IBM株式を、X社に売却してます。この一連の取引は、確かに不自然。東京高裁も、ここら辺の取引には経済合理性が無い、と認定してます。ただしここまでは、特に節税効果はありません。肝心なのは、この一連の取引の後に、X社は日本IBMの株式を日本IBMに売却し、その時点で多額の税務上の損失を発生させました。この取引は、いわば、日本IBMが自己株式を買い取る行為ですから、どこにでもある経済合理性のある取引です。ここだけは、不自然ではなかった。。なので、不当な取引だとジャッジされることはなかったのです。

本件は、最高裁に上告されてます。今後の決着に注目です。

 - ブログ ,

  関連記事

東京事務所移転

今週から、東京事務所が移転しました。引越しは結構大変でしたが、無事執務を開始する …

no image
会社の設立 前株と後株 どちらがよい?

法人の設立に関与することがあるため、前株か後株、どちらにすべきかははよく質問を受 …

個人所得税
新聞代 所得税法上の家事関連費の考え方

新聞代って、法人で購読している場合には、税務計算上法人で経費計上できますよね。 …

中小企業者と中小法人等 中小企業者の定義改正②

税法では「中小企業者」や「中小法人等」に該当することにより下記のような特典を受け …

よくある税務相談
外国法人による日本企業株の譲渡、計66億円申告漏れ指摘①~事業譲渡類似株式~(新聞報道を解説)

大手貴金属商社「ネットジャパン」の経営権売却をめぐり、東京国税局が、納税者側に約 …

借地権の認定課税 (水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は岩里さんです。印紙税、経営強化税制等を解説してもらいましたが …

組織再編成の行為計算否認(包括的租税回避防止規定)を巡る事件で国勝訴(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は中川さん。2019年6月27日に東京地裁で行われた、組織再編 …

お問い合わせ
投資名目の2億円を私的流用 (新聞報道を解説)

投資セミナー運営者が投資資金を集めたものの、それを実際に投資せずに、私的に使って …

PAGE TOP