アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

人的役務の提供事業 国内源泉所得?租税条約の届出?

投稿日: 

例えばIT系の外国法人が、従業員を日本に派遣し、日本国内の顧客に対して専門知識を提供した場合や、技術的なITサポートを行った場合ですが、この業務は国内源泉所得に該当することとなり、この外国法人に報酬を支払う日本企業は、20.42%の税率で、源泉徴収を行わなければなりません。

租税条約においては別途の規定が定められているため、事前の租税条約の届出により、この課税を免れることができるため、是非注意が必要です。https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/joyaku/annai/pdf/255.pdf

海外ネットワーク所得税法161条第二号”では、芸能人、職業運動家、弁護士、公認会計士等の自由職業者や、科学技術、経営管理等の専門的知識や技能を持つ人の役務提供がこれに該当するものと規定されてます。

 - ブログ

  関連記事

相続開始前に被相続人の銀行口座から約200回にわたり1億円を引き出し (水曜勉強会)
マンチズバーガーシャック 旨い!
低解約返戻金型保険(水曜勉強会)
持株会社設立による相続税の節税(水曜勉強会)
リオオリンピックメダリスト 凱旋パレード
千葉絆の会
INAAミーティング(イタリア)
海外子会社を持つ日本企業 税務調査で何が指摘されているのか? (新聞報道を解説)
PAGE TOP