アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

引取りに係る消費税(輸入消費税)

投稿日: 

物品を海外から輸入する場合、引き取った物品に対して、引取りに係る消費税か課されます。これは、消費税が、日本国内で消費される物品に対して消費税を課税する仕組みを取っているからです。

では、この取引は消費税の課税取引なのか? というとそういわけではありません。消費税は物品の譲渡が成立した場所が国内であるか否かにより課税対象を判定します。海外から物品を引き取る時は、殆どのケース、既に海外で譲渡が成立しているため、殆どの場合は、消費税の課税対象外取引となります。

商品を輸入する場合ですが、消費税が課税される国内製品が価格面で不利にならないようにする等の理由にで、別枠で、輸入時点でも消費税が課税されることになってます。

海外ネットワーク

 - ブログ

  関連記事

2016年10月以降 登記申請で株主リストの添付が義務化(水曜勉強会)
社内勉強会
移転価格税制 (定期社内勉強会)
母校の甲子園出場
空き家を譲渡した場合の所得控除の特例(水曜勉強会)
GlobalTaxNetwork社に訪問してきました
DD費用(財務調査費用)は損金処理できるか?
トスカーナのワイナリー(Castello Banfi)
ふるさと納税見直しへ 高額返礼は優遇除外 (新聞報道を解説)
PAGE TOP