アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

Cロナ レアル退団を希望と欧州各紙報道 理由は脱税疑惑 (新聞報道を解説)

投稿日: 

スペイン税務当局から18億円の脱税疑惑をかけられ→だからレアルを退団するという報道が出てますか、皆さん理由わかりますか? 居住地国は、全世界の所得に対して課税する権限を持ちます。ロナウドは、スペイン国内での収入の他、肖像権を海外に登録し、海外でも多額の収入をあげているようです。財政難のスペインは、どうしてもCロナウドの海外所得に課税して税収をあげたいところでしょう。

ロナウドの居住地が、例えばフランスとなった場合、スペインでは”非居住者”となり、海外所得に対して課税することができなくなります。その代わりフランスでは、海外所得に対して課税されることになりますが、ロナウドは、スペイン税務当局からの捜査よりも、海外所得に対する課税に寛容な姿勢を見せる英国やフランスを、新たな居住地候補先として選んだということになります。

 

以下 スポーツニッポン 6月18日(日)7時8分
画像:コンフェデ杯開幕へ向け調整するRマドリードのポルトガル代表C・ロナウド(AP)
ポルトガル代表C・ロナウドがRマドリードからの退団を希望したと、16日付のポルトガル紙ボラ、同レコルド、スペイン紙マルカなどが一斉に報じた。

理由は脱税疑惑。11〜14年に肖像権収入などを租税回避地に隠し1470万ユーロ(約18億円)を脱税した疑いで13日にスペイン検察当局に起訴され、ショックを受けたC・ロナウドがスペインから離れることを望んでいるとボラ紙は報道。またマルカ紙は本人が代表の同僚に「Rマドリードを離れる」「決断した」「もう戻らない」などと話していたと伝えた。マルカ紙は移籍先候補に古巣マンチェスターU、フランス1部パリSGなどを挙げた。

 - ブログ

  関連記事

株式譲渡所得(水曜勉強会)
ここのビール うまい!
2017年2月2日(木) ベトナム&インドネシア進出セミナー開催!
グロスアップ計算とは?
no image
タイのデイリーヤマザキでは。。
旅行支出、ベトナムが首位 中国超え
組織再編税制 行為計算否認に関する最高裁判決(水曜勉強会)
CRS (Common Reporting Standard)の導入による影響(水曜勉強会)
PAGE TOP