アルテスタ税理士法人

アルテスタ税理士法人は、INAAグループの日本代表事務所です。

国内法人税務、相続税務から、外国法人の日本進出まサポートまで総合的にサポート

*

東京事務所ランチ忘年会

投稿日: 

今年のランチ忘年会は、全聚徳(ぜんしゅとく)銀座店   全聚徳 は、北京ダックで有名な中国老舗チェーン店ですね。北京で一度お邪魔したことがありますが、日本人にはちょっと油がきついかな?という感じなのですが、日本の 全聚徳 はちょうどよいです。外はサクサク、中はジュワ。とてもおいしかったです。皆様1年お疲れ様でした!

ところで、この北京ダックで有名な中国老舗チェーン店「全聚徳(ぜんしゅとく)」の話題を一つ。

皆さんご存じの通り、中国では厳しい新型コロナウイルス対策により、 全聚徳 は中国国内で深刻な経営不振に陥っています。2021年10月に発表された2020年7~9月期の決算報告によると、同年1月~9月までの累積売上高は前年度比の56.71%減少。厳しいですね。

引用:Wikipedia


実は全聚徳は、新型コロナ感染が蔓延する前から経営不振に陥ってました。中国では老舗企業に対して「中華老字号」という称号を1128社に与えているようですが、実はその老舗企業の5割が赤字といわれてます。日本も同じことがいえますが、老舗企業というブランドだけを武器に業績をあげていくことがいかに難しいのかということがわかります。

全聚徳は 、コロナによる影響を受けて看板メニューの北京ダックにつき、値段をこれまでの258元(約4032円)から238元(約3720円)に改め、そのほかの料理も10~15%値下げることを決定。コスパが低い、値段が高い、というイメージを払拭できるか、今後の動向に注目です。

特に現代では消費者の情報発信のスピードは驚くべきものがあり、ほんの些細な点が問題となり企業として大きなダメージを負ってしまう可能性も否めません。

 - ブログ

  関連記事

コミッショネア契約等の代理人PE認定リスク(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は中野さん。恒久的施設(PE)の定義の見直しについて解説しても …

リオオリンピックメダリスト 凱旋パレード

東京事務所の近くで、リオオリンピックのメダリストの凱旋パレード出発式がありました …

持ち株比率と株主の権利

会社に他の投資家から資本参加してもらう場合、その投資家に何%保有されると、どのよ …

大企業も欠損金の繰り戻し還付が可能に

現行は資本金1億円以下の企業に認められている法人税の欠損金の繰り戻し還付制度です …

過大役員報酬(水曜勉強会)

今日の勉強会の講師は榊原さん。非常に業績の良い中古車輸出入業社が支払った役員報酬 …

米国パートナーシップ最高裁判決(水曜勉強会)

今日の講師は山本さん。各高裁で異なる判決が出されていた、デラウェア州のLimit …

バンコク事務所移転

先日、バンコク事務所が移転しました。 (新住所) No. 163 Thai Sa …

PE認定課税 代理人PEとみなされないためには?

外国法人が、日本に契約締結に関する代理人(=その企業の名前で契約を締結する権限を …

PAGE TOP